2021.03.24

デジタルニュース・ラボ4月始動 岩手日報社とIBC岩手放送

 岩手日報社とIBC岩手放送は4月から、インターネットと新聞、放送の融合でメディアの新たな可能性を探る、デジタルニュース・ラボ(デジラボ)の活動を始めます。両社のホームページに、デジラボの情報を順次公開していく専門のサイトを開設しました。

 4月6日には、IBCアナウンサーの弦間彩華(げんま・あやか)さんと岩手日報社の若手社員が岩手日報の記事を掘り下げる新ラジオ番組「デジタルニュース・ラボ」(毎週火曜日午後6時半~同7時)の生放送を始めます。同番組はインターネットで同時放送するほか、単文投稿サイトのツイッターや動画投稿アプリTikTokなど、多彩なネットツールで内容を発信していきます。

 岩手日報社は、東日本大震災の経験と教訓を新たな視点と手法で伝える若手社員プロジェクトチームの活動と一体で取り組みます。

 インターネットの発達でメディアが多様化する中、若い世代にもより多くの岩手の情報を伝えていくにはどうするか。両社はデジタル技術を活用した新しいコンテンツの制作と伝え方の創造に協力して取り組み、皆さまにより親しまれ、一人一人に必要な情報をきめ細かく伝えられるローカルメディアのあり方を模索していきます。

岩手日報社

デジラボの情報サイトはこちらから