コンピューターゲームで競う「東北eスポーツ祭2021春」は21日、陸前高田市高田町のアバッセたかたで開かれた。市内外の8人が、年齢や障害の有無にかかわらず楽しめるeスポーツの魅力に触れた。

 県eスポーツ連合三陸支部(伊藤雅人代表)の主催。パズルゲーム「ぷよぷよ」で対戦し、オンライン参加も含みトーナメントで優勝を目指した。会場にはゲームの画面も映され、買い物客らも熱戦の様子を見守った。

 大会の様子は動画投稿サイト・ユーチューブで今月末ごろから配信する。