県議会は22日、総務、文教、環境福祉、商工建設、農林水産の5常任委員会を開いた。文教委員会(柳村一委員長)では、県立高校再編計画後期計画(2021~25年度)最終案を巡り、統合対象校の存続を要望する3団体から提出された「丁寧な説明と慎重な協議を求める請願」を不採択とした。25日の最終本会議で採決する。

 同計画最終案では▽福岡工と一戸(24年度)▽盛岡南と不来方(25年度)▽水沢工と一関工(同年度以降)-の統合や1学年1学級校の維持が示されている。