バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)の岩手ビッグブルズのシューター青木龍史が、21日の静岡戦でBリーグ日本人最多となる46得点、3点シュート12本を決め、記録を更新した。「チームメートの協力で積極的に打つことができた。努力が結果に表れ、素直にうれしい」と喜びを表した。

 クラブによると、これまでの記録はB1三河のSF金丸晃輔が昨季記録した45得点。3点シュートは各リーグで11本が最高だった。