九戸村は、村のゆるキャラで九戸政実(まさざね)をモチーフにした「まさざねくん」と江刺家(えさしか)神楽を舞う「神楽舞」の着ぐるみを初めて制作した。

 細部の設計は同村の伊保内高の2年生2人が担当。戸田好音(このん)さんは「これまでの絵のイメージをそのまま立体にするよう心掛けた」と振り返る。

 今後は主に同校の生徒が村活性化や情報発信のために活用する予定。