久慈市長内町 会社役員 中新井田 稔さん(75)

 東日本大震災は津波3メートルとの情報で久慈港近くの会社に残ったが、いつの間にか来た波に約300メートル流され、がれきに囲まれて身動きが取れなくなった。油まみれの水に浮かんだまま夜になり、何とか抜け出して近くに止まっていた車で暖を取って助かった。車の鍵が開いていて、九死に一生を得た。私のような思いは誰にもしてほしくない。すぐ高台へ逃げてほしい。