20日午後6時9分ごろ、宮城県で震度5強、一関市などで震度5弱を観測した地震があった。気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュードは7・2と推定される。気象庁は宮城県に津波注意報を出したが、同7時半ごろ解除した。

 県内で震度5弱を観測したのは大船渡、一関(花泉、千厩、室根)、住田。盛岡など広範囲で震度4を観測した。

 県総合防災室によると、盛岡市で50代女性が転倒して口腔内切り傷のけが(軽傷)で救急搬送された。午後8時現在、人的被害は1件のみ。

 JR盛岡支社によると、20日午後7時50分現在、秋田新幹線の盛岡~秋田間で運転を見合わせ、一部区間運休している。八戸、山田、北上、釜石、大船渡の各線と、東北本線の小牛田-一ノ関間、一ノ関-盛岡間は運転を見合わせている。田沢湖、花輪の両線と大船渡線BRT、気仙沼線BRTも一時、運転を見合わせた。

 釜石道の遠野住田IC-釜石仙人峠IC間の上下線、三陸道の陸前高田長部IC-釜石唐丹IC間の上下線で通行止めとなった。

 東北電力ネットワーク岩手支社によると、県内で地震による停電は確認されていない。県花巻空港事務所によると、施設や運航への影響はない。