北上市和賀町で19日、野生のオオハクチョウの死骸が見つかり、県中央家畜保健衛生所(滝沢市)で簡易検査を行ったところ、鳥インフルエンザの陽性反応が出た。県内での陽性反応の確認は今季初。環境省が北海道大で確定検査を行い、約1週間で結果が判明する見込み。

 県が同日午前11時ごろ、1羽の死骸を回収。環境省は同日、回収地点の周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、県が1日1回、域内の主要飛来地を巡回し死骸などの早期発見・回収に努める。