一戸町の一戸高(上野光久校長、生徒267人)の2年生4人は、町特産の鳥越竹細工のキャラクターとロゴを制作した。美術の力で伝統工芸品に光を当てようと意気込む。

 総合的な探究の時間で美術を選択した長谷川桐子(とうこ)さん、馬場彩花さん、釜谷心菜さん、欠端なつみさんが取り組んだ。4人は同町高善寺の町役場を17日に訪問。完成の報告を受けた田中辰也町長は「どちらも素晴らしい出来。活用策を一緒に考えていきたい」と感謝した。

 キャラクターは竹細工のかさを身に着けた双子の「すず」と「ささ」。長谷川さんは「生産者の意見も聞き、竹細工の要素をできるだけ盛り込んだ」と振り返る。