LINE(ライン)は17日、利用者の個人情報が、委託先である中国の関連会社から閲覧可能な状態になっていたと発表した。LINEが利用者に開示しているデータの運用指針には、中国からのアクセスについて明確に記載していなかった。政府の個人情報保護委員会が、同社の情報管理に違法性がなかったかどうか経緯や実態の調査を開始した。

 岩手日報社の連載「特命記者 あなたの疑問、徹底解明」では、LINEの公式アカウントを使って読者らから情報を募っている。LINEは岩手日報社の取材に対し17日、「LINE公式アカウントのチャットなどのデータは監視の対象外としている。タイムライン投稿などのデータは対象としているが、日本国内で監視しており、中国からのアクセス権限はない」などとしている。岩手日報社がLINEを通じて配信しているニュースなども同様としている。