地域一丸で新型コロナウイルス感染症に負けない-。花巻市の南城小(高橋彰校長、児童460人)は17日、富士大(岡田秀二学長)の学生からメッセージカードを受けた。同大でクラスター(感染者集団)発生時、同校の児童が励ましたことへのお礼。16日には同市の学生服リユースショップとデイサービス施設が、消毒にも使う雑巾を同校に寄贈した。学区内で励まし合いながらコロナ禍に立ち向かう。

 富士大からのメッセージは、佐々木義孝教授と企画した1年の梅原奈歩(なほ)さん、石川百杜巴(もとは)さん、佐々木羽緒(はお)さんが同校に届けた。学生202人がお礼や卒業の祝福を書いたカードを貼り付けた縦80センチ、横5メートルの模造紙と、合唱曲「群青」の一節をしたためた模造紙を高橋校長に手渡した。