八幡平市の平舘高(谷藤節雄校長、生徒162人)の家庭クラブは20日、同市大更の道の駅にしねで、オリジナルのエコバッグやスイーツの販売会を開く。同クラブの研究活動の成果を地域へ向けて発信する。

 エコバッグ(1袋1200円)は、プラスチックごみ削減に関する研究の一環で作製。大きさや形状を工夫し防水加工も施した。袋の口を止めるベルトには、地元に伝わる紫根染(しこんぞめ)と地熱蒸気染めを使用。同市の障害者サービス事業所ポパイの家、女性グループまゆみの会の協力で仕上げた。

 午前9時~正午。売り切れ次第終了する。