全国高校選抜大会などは19日から全国各地で開催され、県勢は18競技に出場する。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止となり、夏のインターハイも行われなかった。逆境を乗り越えて力を磨いてきた選手たちが待望の全国の舞台に挑む。

 自転車は女子の熊谷芽緯(紫波総合2年)に期待がかかる。昨年の全日本ジュニアでケイリン3位に入ったホープは、ケイリンと500メートルタイムトライアルで頂点をうかがう。ハンドボールは男女とも県王者の不来方が出場。伝統校の力を発揮して勝ち上がれるか。新体操男子団体の盛岡市立も上位進出を目指す。