同じ悩みを抱える人たちと思いを共有したい-。岩手町江刈内の葭原(よしはら)章子さん(73)は引きこもりや不登校で悩む当事者や家族を支援するため「あらぐさの会」を立ち上げ、月に1度交流会を開いている。

 社会的なつながりが弱い人に寄り添い、自由に語れる空間を提供。「対話を重ねることで、少しでも不安を解消してくれればうれしい」と願う。

 3月の交流会は、17日午後1時半~同3時半。会費は100円。問い合わせはメール(vishvamohini@mx2.tiki.ne.jp)か、葭原さん(090・3127・9896)へ。