宮古市鍬ケ崎下町 自営業 舘洞 毅謙(たけのり)さん(59)

 津波で自宅兼店舗が被災し2017年5月に布団店を再建した。生まれ育った鍬ケ崎地区を離れたくなかった。津波が来たら逃げればいい。震災前は水産業が盛んで、店も50軒以上あった。鍬ケ崎を盛り上げようと、地元の熊野神社を応援する会の会長を務めている。昔のように戻るのは難しいと思うが、今後も年1度の例大祭を手伝い、地域を明るくしていきたい。