二戸市福岡の福岡高(根反馨校長、生徒435人)の生徒有志は11日、同市石切所の馬渕川公園で、夢明かり「復煌(ふっこう)」を開いた。東日本大震災からの復興への願いを込め、思いをつなぐ決意を新たにした。

 午後2時ごろから生徒約50人が、ペットボトルと発光ダイオード(LED)のランタン合わせて約千個で四つ葉のクローバーと永遠の「永」の字をかたどり、遊歩道を彩った。同校音楽部は、「花は咲く」など5曲をみずみずしい歌声で披露した。