2021.03.12

あなたへの誓いともし続け 山田で最後の集い

夢あかりに彩られた会場で、震災の犠牲者や古里の未来に思いをはせる住民ら
夢あかりに彩られた会場で、震災の犠牲者や古里の未来に思いをはせる住民ら

 東日本大震災の追悼イベント「ともしびの集い」(やまだ夢プロジェクト、山田町社会福祉協議会主催)は11日、同町大沢の岸壁で行われた。今回が最後の開催で、地域住民150人が大切な人に思いをはせた。

 山田高の生徒有志が準備段階から協力し、未来への希望を込めて夢あかりで「望想(おもい)」の文字をつくった。

 同プロジェクトの間瀬慶蔵代表は「震災10年は区切りではなく、新たなスタート。今後も地域の力を発信したい」と見据えた。