東日本大震災から10年。

 震災への思いを月日とともに薄れていくことも多い中で「忘れてはいけないこと」「忘れられないこと」も多いかと思います。

 自分自身できることは微力ではあると思いますが、少しでも被災地の力になれるように、まだまだ頑張っていきたいと思っています。

       ◇    ◇

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は東日本大震災から10年を迎えた10日(日本時間11日)、球団を通じてコメントを出した。

 高校時代に言葉の力、重みを学んだ。メジャー移籍後は被災地の状況を十分に把握できず、生半可なことは言えないと口をつぐんできた。「忘れてはいけない、忘れられない」。その思いをプレーに込めてきた。