釜石署(仲谷千春署長)や釜石海上保安部(松吉慎一郎部長)などは10日、釜石市鵜住居(うのすまい)町の根浜海岸で、東日本大震災の行方不明者の捜索を行った。

 釜石大槌地区消防本部や富士大なども協力し、計73人が参加。同市平田出身で、震災で自宅が半壊した釜石駅前交番の松下友香(ゆか)巡査(24)は「区切りをつけない姿勢を見せることで、帰りを待つ人の励みになればいい」と思いを語った。