盛岡市は8日、市役所1階の市民登録課の窓口に自動受け付けシステムを導入した。新型コロナウイルスの感染対策として受け付けを自動化し、来庁者と職員の接触機会を減らす。利用者が窓口ごとの待ち人数をスマホでも把握できるようにし、待合所の3密回避につなげる。

 8日からは試験運用で、19日から本格稼働する。自動受け付けシステムの発券機は、市役所1階正面側と別館側の各入り口に1台ずつ計2台設置。タッチパネルで、「転出」「転入」「マイナンバー申請・受け取り」などの項目から目的の窓口を押すと、番号札が発行される。順番が来ると自動音声と番号表示で知らせる。