ラグビーのトップチャレンジリーグ(TCL)は28日、東京・秩父宮ラグビー場などで3試合が行われ、A組の釜石シーウェイブス(SW)RFCは清水建設に20-21(前半10-21)で敗れ、1勝1敗となった。

 A組は各チームが最終戦を残して1位近鉄(勝ち点10)、2位釜石SW(同5)3位清水建設(同4)、4位栗田工業(同0)。釜石SWは13日、釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで近鉄と対戦する。