2021.02.09

岩手の香り届けたい アロマスプレー共同制作、4月発売

岩手の素材が詰まったアロマスプレーをプロデュースする富川岳代表(右)
岩手の素材が詰まったアロマスプレーをプロデュースする富川岳代表(右)

 深みある岩手の香りを自宅で楽しんで-。地域デザインを手掛ける遠野市中央通りの富川屋(富川岳(がく)代表)は、工程の全てに岩手の素材を生かしたアロマスプレーをプロデュースする。「自由な往来が難しい今こそ、遠野や岩手を感じられる香りを届けたい」と4者で共同制作し、4月の一般発売を予定。マスク着用時や在宅時間を心豊かに過ごすアイテムとして、岩手の魅力を発信する。

 スプレー「センス・オブ・トーノ」は、遠野の奥深い森をイメージした木の香り漂う安らぎの「深(しん)」と、ペパーミントをベースにユズの香りをアクセントにした爽やかな「閃(せん)」の2種類を用意。

 スプレーは1本30ミリリットル、税抜き2500円。4月以降、地元商店やインターネットで販売予定。

関連リンク