久慈市大川目町 靴店店主 高木康弘さん(34)

 曽祖父から101年続く靴屋を2017年から継いだ。前年の台風10号の豪雨で店内は1メートル以上浸水し、軽トラック3台分の靴が駄目になった。家族や親戚の協力もあり、店は再開できた。今は地域の靴屋としての在り方を考える毎日。新たに始めた靴磨きは、お年寄りから好評だ。足元から久慈を元気に。同年代の仲間たちとともに、古里を盛り上げたい。