2021.02.07

松原へ思いともそう 陸前高田、かつての風景キャンドルに

震災前の高田松原を表現したキャンドルを制作する浅野たかえさん(左)と田中大樹さん
震災前の高田松原を表現したキャンドルを制作する浅野たかえさん(左)と田中大樹さん

 陸前高田市横田町の地域おこし協力隊田中大樹(ひろき)さん(34)は、東日本大震災で失われた高田松原のかつての風景を表現したキャンドルの販売を目指している。

 気仙沼市内の海岸の風景を模したキャンドル作りを手掛けるともしびプロジェクトの工房に制作を依頼。30~40個を試作した浅野たかえさん(53)は「見た人が『夏の松原だ』と思ってくれたらうれしい」と願う。

 来月1日まで開発費用など30万円を目標にクラウドファンディングサイト「いしわり」で募っている。返礼にキャンドルを選んだ支援者には震災から10年となる3月11日までに届ける。