県は2021年度、手紡ぎの羊毛を使った毛織物「ホームスパン」について、国の伝統的工芸品指定に向け、事業者などへ支援を行う方針を固めた。申請に必要な調査や、指定へ機運醸成を図るイベント費用も支援。風合いが魅力で本県が誇る工芸品の全国発信や販路開拓につなげる。

 経済産業省は▽主に日常生活で使用▽手作業中心で製造▽伝統的な技術で製造-などを満たす工芸品を、審議会を経て伝統的工芸品に指定する。全国で236品目、本県では南部鉄器、岩谷堂箪笥(たんす)、浄法寺塗、秀衡塗の4品目が登録されている。