西和賀町地域公共交通活性化協議会(会長・高橋一夫副町長)は4日、町役場湯田庁舎で会合を開き、県交通の全面撤退に伴い3月末で廃止となる2路線の代替交通案を承認した。町が運行している町民バスを拡充する形で2021年度以降も両路線を存続。既存の町民バスの運行も一体的に見直し、町民の移動の利便性を高める。

 2路線は貝沢線(ほっとゆだ駅前―貝沢)と沢内線(ほっとゆだ駅前―町立西和賀さわうち病院)。町内各地区を週1、2回運行する町民バスが、4月から両路線を引き継ぐ。経路は基本的に維持するが、沢内線は沢内庁舎まで延長する。