花巻市の南城小(高橋彰校長、児童460人)は3日、新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生した学区内の富士大(岡田秀二学長)に対し、学生を激励するメッセージカードを届けた。授業を通して学生と交流した6年生94人が作製。学生から夢を持つことの大切さを教わった感謝の気持ちが込められ、大学側も勇気づけられている。

 児童会長の小舘紘介君(6年)は「以前のように交流できるよう思いを込めて書いた」と一日も早い日常の回復を願い、高橋校長は「同じ地区の小学生として、大学のことに感度が高かったと思う。コロナが収束したら授業やいろんな取り組みで交流したい」と呼び掛けた。