4日の県内は発達する低気圧と冬型の気圧配置の影響で、昼すぎから夕方にかけて大荒れとなる見込みだ。盛岡地方気象台は海上で暴風雪、陸上では大雪や吹雪に注意、警戒するよう呼び掛けている。

 同日は低気圧が発達しながら東北地方を通過した後、夕方にかけて冬型の気圧配置が強まる見込み。雪は短時間で強く降るため、交通障害や農業施設の倒壊などにも注意が必要だ。