本を紙袋に入れ、帯だけを見せて貸し出す企画が一関市の市立藤沢図書館で開かれ、読書ファンの関心を呼んでいる。

 図書館の出入り口に、赤い紙袋に入った約150冊が並ぶ。紙袋には「韓国で100万部突破!映画化決定」「宇宙一ピュアで切ない恋の軌跡」などとキャッチコピーが記された帯が貼られている。これを手がかりに本を選ぶという趣向だ。3月末まで。