宮古市蛸の浜町 NPO法人役員 本多 政彦さん(53)

 東日本大震災から約10年間、宮古市は一歩ずつ着実に復興に向かって歩み、震災前にはなかった新たな動きが生まれている。当時、小学3年だった長男が大学生になるなど子ども3人の成長に時の流れを実感する。震災直後を思い起こすと、避難所生活でお世話になった多くの人々の顔が浮かぶ。これからも感謝の気持ちを忘れず、家族と共に前へ進んでいきたい。