北上市相去町の農園うるおい春夏秋冬(ひととせ)(高橋賢代表)は、収穫した規格外野菜を使った漬物を開発した。新型コロナウイルス禍での収入源確保のため就農した市内の料理人との連携が実を結んだフードロス削減商品。季節ごとに開発を進め「畑をまるごと提供しよう」と意欲を燃やす。

 新商品は「彩り野菜のきざみ漬け」「カラフル大根のビール漬け」「サラダかぶのゆず蜜はっち」の3種類でいずれも330円。収穫時に傷ついたり割れて出荷できないニンジンやカブを米ぬかやビールで漬け、あっさりとした風味に仕上げた。同市流通センターのJA産直あぜみちと花巻市轟木の道の駅はなまき西南で販売している。

 問い合わせは高橋代表(080・4004・8829)へ。