陸前高田市の一般社団法人トナリノ(佐々木信秋代表理事)は、東日本大震災の発生から10年を機に地域発信サイト「けせん震災と昔の記憶」を公開し、同名の企画展を、同市米崎町の陸前高田グローバルキャンパスで開いている。

 サイトには郷土料理や名所、震災などをテーマに約20本の記事を掲載。子育て世代の女性や移住者がライターを務め、地元住民への取材や体験ルポをまとめている。

 企画展は震災前の高田町と気仙町の町並みを再現した500分の1の模型や写真、市内の中学生が防災学習で制作したハザードマップを展示。3月31日まで。午前9時~午後5時。入場無料。