盛岡市北飯岡の県予防医学協会(小原紀彰会長)は県内で初めて、肺がんCT検診認定機構(東京)の施設認定を受けた。放射線の低線量化や検査実績、管理体制など多くの要件を満たし、東北で7件目の認定となる。

 コンピューター断層撮影(CT)での低線量検査は年間5千件以上に上る。高い安全性など優良施設の「お墨付き」を得た形で、県民に早期発見につながる積極受診を呼び掛ける。