2021.02.26

赤鮮やか 春の予感 大船渡・吉浜小でマンサク咲く

色鮮やかなマンサクを眺める児童=25日、大船渡市三陸町・吉浜小
色鮮やかなマンサクを眺める児童=25日、大船渡市三陸町・吉浜小

 25日の県内は、高気圧に覆われて晴れた。大船渡市三陸町の吉浜小(寺沢貴裕校長、児童46人)では、赤いマンサクが咲き、地域に春間近を告げている。

 校舎裏のマンサクは高さ3メートルほど。授業を終え、スクールバスを待つ児童たちが色鮮やかな花を眺めた。大泉笑生(しょうや)君(1年)は「家には黄色のマンサクがあるけれど、赤もきれい」と笑顔。菊地志帆さん(同)は「これからも枯れずにきれいに咲いてほしい」と願った。

 盛岡地方気象台によると、26日の県内は気圧の谷や寒気の影響により曇りや晴れとなり、朝晩は雪の降る所がある見込み。

関連リンク