県はLGBTなど性的少数者を含む多様な性のあり方を尊重するため、職員向けのガイドラインを発行した。業務や職員間で配慮すべき点をまとめ、正しい知識と理解の普及を図る。

 3部構成でA4判計29ページ。多様な性のあり方について、▽生物学的性▽性自認▽性的指向▽性表現-の四つの要素で構成することや、用語も解説する。

 ガイドラインは県ホームページで公開している。