雫石町は2021年度、同町御明神(おみょうじん)の昇瀬(のぼせ)橋の架け替え事業に着手する。老朽化が著しい上、幅員が狭く車両のすれ違いに支障が出ているため、3カ年計画で現在と同じ位置に新設。交通の要所を改良し、暮らしや産業基盤の充実につなげる。

 1964年に架設された同橋は、国道46号と県道盛岡横手線を結ぶ町道滝沢・安庭線に架かる。21年度は上流側に仮設橋を設置。現在の橋の撤去を進め、橋脚の下部工の一部に取りかかる。