2021.02.24

さるなっしー考案に感謝 軽米町産業開発、晴山小にシール贈る

軽米町産業開発から贈られたさるなっしーのシールなどを手に喜ぶ晴山小3年生
軽米町産業開発から贈られたさるなっしーのシールなどを手に喜ぶ晴山小3年生

 軽米町の第三セクター町産業開発(社長・山本賢一町長)は22日、町の特産品であるサルナシのイメージキャラクター「さるなっしー」を考案した同町晴山の晴山小(八幡美奈子校長、児童72人)の3年生12人に、さるなっしーのシールと和菓子、缶バッジを贈った。

 同校3年生は2020年度、総合的な学習の時間にサルナシについて学ぶ中で魅力を実感。知名度をさらに上げようと応援団を結成し、キャラクター作りなども手掛けた。