大阪府吹田市 医療市民団体スタッフ 鈴鹿 典子さん

 私は車いすユーザーです。闘病する友人たちが東日本大震災で被災しました。患者は逃げるのが難しく、避難所生活を選択しづらいことも多々あります。本当に心配でしたし、心から無事を願いました。その後、私は別の地域で大きな災害を2度経験しました。

 これまでの国内の災害で、逃げられない患者や高齢者から離れられず、もろとも命を落としてしまった医療従事者の方や介護者の方々がいたと聞きました。

 以降、患者同士で「生きられる命は生きてほしい。逃げられる命は、どうか大切な人や未来のために逃げてほしい。もし、体の弱い者の元を去って逃げたことに罪悪感を持って苦しくなったら、温かく、時に専門性の高い心のケアを受けてほしい」と話しています。

 それが患者としての私の思いであり、災害時の最大の願いです。