大船渡市大船渡町 書家 菊地 早智子さん(82)

 東日本大震災発生時は自宅にいた。海から離れていたため、津波は来ないだろうと油断していたが、すさまじい津波が押し寄せ1階部分が流された。念のため2階にいたおかげで助かったが、あの時の恐怖は今でも思い出す。(福島、宮城両県で最大震度6強を観測した)13日の地震後、近隣住民と避難路を確認した。すぐに逃げられるよう備えを大切にしたい。