【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ルーマニアのルシュノブで個人第22戦(ヒルサイズ=HS97メートル)が行われ、24歳の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)が合計257・9点で今季2勝目を挙げた。通算勝利数は17勝で並んでいた48歳の葛西紀明(土屋ホーム)を抜き、ジャンプの日本男子で単独最多の18勝となった。

 1回目は94メートルで7位につけ、2回目に最長不倒の98・5メートルを飛んで順位を上げた。全員が飛び終えた時点でトップに立ったハルボルエグネル・グラネルがスーツの規定違反で失格となり、小林陵の優勝が決まった。