県内の各市町村は1日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に向け、専門部署を設置するなど準備作業に着手した。国は早ければ医療従事者向けが今月、高齢者は4月の開始を想定しており、会場やスタッフ確保など対応を急ぐ。

 盛岡市は同市神明町の市保健所内でワクチン接種実施本部の開所式を行った。谷藤裕明市長が「市民の命と健康を守る高い使命感を持ち、国のスケジュールに遅れることなく力を発揮してほしい」と訓示し、看板を掛けた。