日本スポーツ協会は1日、臨時国体委員会を東京都内で開き、秋田県鹿角市で18~21日に予定されていた国民体育大会冬季大会スキー競技会の中止を全会一致で決めた。同協会によると、スキー国体の中止は大雪の影響で実施できなかった1947年の第1回大会(北海道、長野)以来74年ぶり2度目。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田県の佐竹敬久知事が「感染者が出れば選手の健康を保証できない」などとして中止を打診していた。