岩手大発のベンチャー企業バイオコクーン研究所(盛岡市、首藤拓也社長)などの研究グループは蚕の幼虫やさなぎを宿主とするキノコ「カイコ冬虫夏草(とうちゅうかそう)」から認知症や老化を改善する新物質を発見し、国際学術誌に発表した。

 ナトリードと名付けた物質は従来の認知症治療で着目される脳内の神経細胞の成長にとどまらず、同細胞を支える細胞にも作用。アルツハイマー病など脳疾患の新たな治療薬への活用が期待される。