宮古市上鼻 三陸鉄道宮古駅長 赤沼 喜典(よしのり)さん(58)

 震災時は山田町大沢を車で走っており、すぐに山側に避難した。宮古市田老地区の自宅は全壊。鉄道復旧と利用促進に無我夢中で取り組み、気付けば10年たっていた。台風災害や新型コロナウイルス感染症などの逆風はあるが、下を向いてはいられない。日本中からの支援と期待に応えるため、コロナ収束後を見据えて誘客に取り組み、交流を通じて地域に活力を呼び込みたい。