一関市千厩町のショッピングモールエスピアで開催されている源義経の愛馬、大夫黒(たゆうぐろ)の特別展で、人がまたがれるほど大きな大夫黒の模型が飾られている。作ったのは同町小梨の91歳菅原仁さん。かつて盛岡、水沢など東北の地方競馬で活躍した名ジョッキーだ。

 往年の名ジョッキーが、歴史に名を残す駿馬を形にした。91歳とは思えぬ身軽さで模型にまたがり「今も馬っこが好きだ。みんなにも見てほしい」と意気軒高に語った。

 特別展は来月3日まで。乗ることもできる。