宮城、福島両県で震度6強を観測した地震で、JR東日本は14日、東北新幹線の一部設備に被害が確認されたとして、那須塩原―盛岡間で運転を見合わせた。電柱が折れたり、高架橋が損傷したりするなど被害が大きく、全線運転再開まで10日前後かかる見通し。

 秋田、山形両新幹線も14日は全線で運転を見合わせた。15日は東北の同区間と秋田の全線、山形の東京―福島間で見合わせ、復旧を進める。

 JR東日本によると、新白河―古川間で、線路脇に設置された電柱が傾くなどしたほか、高架橋の柱に損傷が見つかった。

 東北新幹線東京―那須塩原間は14、15の両日、1時間に1本程度走らせる。