雪上に映像を投影するプロジェクションマッピングイベント・安比ホワイトスノーアクアリウムは13日夜、八幡平市の安比高原スキー場で初開催され、来場者は雪と「海」とのコラボレーションを楽しんだ。

 市内の観光関係団体などでつくる雪質の魅力増進連携会議主催。会場では雪の水族館をテーマにしたCG映像を縦10メートル、横20メートルの雪上に投影した。カメやイルカなどが泳ぐ様子に合わせ、子どもたちがそり滑りを楽しんだ。

 イベントは14日まで。午後5~9時。入場無料。