2021.02.13

厳冬の甘み 100%のジュース 一関・千厩産ニンジン使用

「大地の雫」と原料のニンジンを手に「奥玉の大地が育んだ味」と語る小野寺奈津子さん
「大地の雫」と原料のニンジンを手に「奥玉の大地が育んだ味」と語る小野寺奈津子さん

 一関市千厩町奥玉の農業小野寺勝義さん(56)、奈津子さん(52)夫妻が今月、ニンジン100%ジュース「大地の雫」を発売した。寒い冬に畑で熟成させ、甘みを増した自信作だ。

 収穫したニンジンを1本(900ミリリットル)当たり約3キロと、ふんだんに使った。さらっと飲みやすく自然な甘みが味わえる。一関市室根町の道の駅むろね、同市東山町のひがしやま季節館で販売している。1本1300円。