2021.02.13

明るい未来見つめて 盛岡・桜山地区ライトアップ

キャンドルの明かりを見つめる親子。奥はライトアップでカラフルに彩られた烏帽子(えぼし)岩=12日、盛岡市内丸・桜山神社
キャンドルの明かりを見つめる親子。奥はライトアップでカラフルに彩られた烏帽子(えぼし)岩=12日、盛岡市内丸・桜山神社

 12日の県内は高気圧に覆われて全域で晴れ、暖かい一日となった。盛岡市内丸の桜山神社(坂本広行宮司)の周辺では、モリオカライトアッププロジェクト(実行委主催)の「祈願祭」が開かれ、住民が新型コロナウイルスの感染終息と地域のにぎわいを願った。

 キャンドルや発光ダイオード(LED)ライトで幻想的な雰囲気に包まれる中、住民が願い事を書いた木札によるおたき上げを実施。本殿では大宮神楽保存会(岩泉長一会長)が権現舞を奉納し、辺りには一般開放された希望の鐘の音が響いた。点灯は13日まで。

関連リンク