奥州市の水沢青年会議所(佐藤恒一理事長)は11日、市内の雪捨て場などから集めた雪で巨大な雪山を作り、そり遊びを楽しんでもらう1日限定イベントを同市水沢横町の旧ペガサス広場で開いた。

 今季の記録的な大雪で〝厄介者〟となった雪を有効活用し、子どもたちを笑顔にしようと企画。児童らは歓声を上げながらスリル満点のそり滑りを満喫した。